BOOCO emo

メニュー

「ただいま!」どこにいても「おかえり」を言えます。

「ただいま!」どこにいても
「おかえり」を言えます。

つみきのように可愛らしい4種類のセンサを
最大8個まで連携できます。
家族の帰宅をお知らせしたり、
お部屋の温度を測ってくれたり、
あなたの生活に合わせてカスタマイズ。

HOW TO USE

使い方

振動センサ


赤い「振動センサ」は、お子さまが学校から帰って玄関を通ると、そのドアの動きを検知してスマホに伝えます。

ドアに反応があるとスマホに通知が届きます。
それをきっかけに「おかえり、ケーキが冷蔵庫に入っているよ!」
などのメッセージを送ってあげることができます。
また、専用アプリであらかじめ「おかえり」など好きなメッセージを設定することで、センサが反応した時に自動で喋らせることもできます。

最大8個のセンサ連携

1台のBOCCO emo、BOCCOに最大8つのセンサと紐づけることができます。
例えば、振動センサを追加で購入して玄関と勝手口につければもっと便利にお使いいただけます。


センサとBOCCO emo、BOCCOは10m以内でご使用ください。
Bluetoothで通信しているため通信可能な距離は環境により変化します。
なるべく見通しの良い場所でお使いください。

鍵センサ


青い「鍵センサ」は、サムターン鍵の開閉を検知してスマホにお知らせします。
おうちの鍵の開閉状態をいつでも外出先から確認することができます。
慌てて家を出た朝も、スマホから鍵が閉まっていることを確認できるので安心してお仕事に向かえます。

磁石との距離で鍵の開閉を
センシング


サムターン式の鍵に同梱の専用磁石を取り付け、磁石の向きと距離をつみき型のセンサで検知することで鍵の開閉をセンシングします。
鍵の開閉状態はお客様自身で専用アプリから設定していただきます。
鍵センサに電池を入れると専用アプリにガイドが自動的に表示されるので、ガイドに従ってセンシングの設定をおこなってください。

鍵センサをおうちの扉で使えるか
チェック

ドアに「鍵センサ」を設置するスペースがあること。 (「鍵センサ」は付属の両面テープでドアに貼りつけて使用します。)
サムターンの側面に「磁石」を貼る平らなスペースがあること。
磁石の中心と鍵センサの白い点の距離が55mm以内に収まること。
(つみき型のセンサの白い部分の内側に磁気を測る部品がついています。)
ご購入の前にお使いの鍵で「鍵センサ」をご利用いただけるか3つのポイントをチェックしてください。

1. ドアに「鍵センサ」を設置するスペースがあること。
(「鍵センサ」は付属の両面テープでドアに貼りつけて使用します。)

2. サムターンの側面に「磁石」を貼る平らなスペースがあること。

3. 磁石の中心と鍵センサの白い点の距離が55mm以内に収まること。
(つみき型のセンサの白い部分の内側に磁気を測る部品がついています。)


センサとBOCCO emo、BOCCOは10m以内でご使用ください。
Bluetoothで通信しているため通信可能な距離は環境により変化します。
なるべく見通しの良い場所でお使いください。

部屋センサ


・留守番中の子どもやペットの熱中症が心配
・離れて暮らす高齢の家族の熱中症が心配
・電気を消したか心配

これら3つの心配を解決するのが緑の「部屋センサ」です。
室内に設置した部屋センサが部屋・温度・湿度をもとに熱中症の警戒度をモニタし、警戒度が高くなるとBOCCO emo、BOCCOを通じてスマホに通知します。
外出先など同じ空間にいなくても、ご家族が過ごしている環境状態がわかるので、熱中症予防にも役立てることができます。

どんな風に通知されるの?


部屋が熱中症の注意が必要な暑さになったとき 「暑いです」などのコメントを専用アプリのチャットルームに通知します。
熱中症の危険性を段階的にお知らせします。
また、部屋の照明のon/offもコメントでお知らせするこができます。
部屋の温度・湿度・照度の現在値と履歴は、グラフとして専用アプリのセンサ詳細画面で確認できます。


センサとBOCCO emo、BOCCOは10m以内でご使用ください。
Bluetoothで通信しているため通信可能な距離は環境により変化します。
なるべく見通しの良い場所でお使いください。

人感センサ


黄色の「人感センサ」は、人やペットの動きを感知する、見守りを目的としたセンサです。
音声メッセージのやりとりができるBOCCO emoやBOCCOと連動することで、人感センサの反応に合わせて家族と気軽にコミュニケーションを取ることができます。
また、センサの反応をきっかけに、あらかじめ設定しておいた メッセージをBOCCO emoやBOCCOにしゃべらせることもできます。

人感センサが家の中の3つの
「気になる」を解決


1.留守中のペットの様子が気になる
ペットトイレの近くやペットのお気に入りのスペースに人感センサを設置することで、
ペットがきちんとトイレをしているか、元気に過ごしているかが分かります。

2.子どもの留守中の様子が気になる
窓のそばにセンサを置き、お子さまが近づくと「ベランダはママと一緒の時に出ようね」
台所に近づくと「台所に入ったら危ないよ」など、
人感センサが感知した情報をきっかけに予め決めておいた メッセージをBOCCO emoやBOCCOにしゃべらせることができます。

3.高齢の家族の様子が気になる
人感センサはカメラでの見守りとは異なり、人の動きを感知するので
トイレやお風呂の脱衣所などのプライバシーエリアでの見守りにも適しています。
また、家族や介助人がいない時間帯の無用な外出や徘徊などの見守りにも活用できます。


センサとBOCCO emo、BOCCOは10m以内でご使用ください。
Bluetoothで通信しているため通信可能な距離は環境により変化します。
なるべく見通しの良い場所でお使いください。